Skip to content

多重債務者の増加で変わったこと

複数の消費者金融業者を利用している人を指す用語として「多重債務」というものがあります。この多重債務とは、既にある借金の返済を行うために、他の金融業者からさらに借り入れるという行為を繰り返し、利息の支払いも高額になり、借金が雪だるま式にどんどん増え続けていくという状態の事を言います。また、そのような状態の人は多重債務者を呼ばれています。
この多重債務者の増加は、金融業者が借り入れを容易にし、一人当たりの借入額を増大させ、借金依存状態を生み出したということがあります。個人の返済能力を超えた過剰貸付行為が行われていることが主な原因ですが、安易な借り入れ依存の体質を持つ消費者側の問題もあります。さらに、昨今の景気による生活苦から金融業者を利用する人が増加したということもあります。
このような多重債務状態に陥った場合、個人で解決するのは非常に困難であると言う事が出来ます。この場合は、弁護士などを介して、債務整理や裁判所による自己破産手続きを受けるケースが多くなります。そうのようにならないためには、問題の早期発見と解決が重要になってきます。また、多重債務者となってしまった人に対しては心理的ケアや家計管理指導などのカウンセリングが求められています。
大切なことは、返せそうも無い金額のお金は借りないようにするということです。一度利用すると、その後も何度も次の貸付を勧誘してくる業者もありますが、安易に利用するのは避けるようにします。複数の消費者金融を利用している場合、その後大きな融資を受けられなくなる場合もありますので、小額であっても複数利用するのは避けるようにしましょう。

関連記事

Comments are closed.