Skip to content

消費者金融の申込み審査が通らなかったデータは何か月残るのか?

消費者金融が審査の際に用いる個人信用情報には過去の申込みの情報についても記載があります。
ここに何件も審査に落ちた情報が残っていると「この人はお金借りる審査に落ちる理由があるはずだ」と見られてしまい、本来であれば通過できていた審査が通過できなくなることもありますから注意が必要です。
ではこの消費者金融の申込み審査が通らなかったデータは何ヶ月残るのかというと、これはその消費者金融が提携している個人信用情報機関によって異なりますが、おおよその場合は6ヶ月間は残り続けると見ておけば問題ありません。
そのため6ヶ月間のうちに何件も審査に落ちてしまうと審査通過の可能性が下がってしまうわけですが、ただ「6ヶ月間待たないと審査通過の可能性がないのか」と言われると少し違います。
基本的に他者が審査を行って落としたという情報はマイナス要因でしかないため、審査の際にそうした情報が確認されたのであれば審査通過の可能性は低くなるのは間違いありません。
ただそれがゼロになるまで落ちるのかと言われればそうでもなく、例えば「3ヶ月前に3社の審査に落ちた」という程度であれば審査を通過できる可能性はそれなりにあるのです。
3ヶ月あれば状況が好転している可能性はありますし、そもそも申込みを受けた業者の審査の中で過去の審査落ち情報だけが気になるポイントになっているなどのことであれば、その他の信用でカバーできることは十分あり得るのです。
とは言え審査に落ちたというのはマイナス要因であるというのは間違いありませんから、焦って沢山の会社に申し込んでしまったということをしないように心がけるのは忘れないようにしましょう。

関連記事

Comments are closed.